子供のうちの歯科矯正で正しい歯並びを身に付ける

現代社会では口当たりの良い柔らかな食べ物が増え、昔ながらの固い食べ物が少なくなってきています。
そのため現代人の顎は細く小さくなってきているという特徴があります。
このようなほっそりとした顎は一見小顔に見えて良いことのようですが、その小さな顎に決まった数の永久歯が入りきらないケースも多く見られます。
こうした小さくほっそりとした顎の場合に歯列が乱れてしまうことが多いのです。
矯正歯科ではお子様の歯列が整う前の柔らかい状態から開始することで、負担を少なく容易に美しい歯列を作ることを目指しています。
顎の骨は成長とともに固くなりますので、矯正もしにくくなっていきます。
顎の骨が柔らかいうちは歯が動きやすく、正しい位置に引き戻しながら負担の少ない治療を行うことが出来るのです。
繊細なお子様のために、透明な見えにくい器具や、歯の裏側からの装置の装着などさまざまな工夫をして治療が負担にならないようにすることもできます。
まずは歯並びに関する不安を専門の歯科に相談し、現在の口内の状態をチェックすることから始めることをおすすめします。
不安を抱えている方でも治療が必要ないケースもありますので、安心を得るためにも受診されることをおすすめ致します。
http://www.kyousei-yokohama.com/about/souchi01.html


メニュー