住宅ローンを借りる時は消費者金融の情報が影響することがある

急にまとまったお金が必要になった時はどうしていますか。
一度消費者業者を利用すると、簡単にお金が借りられることが面白くて楽しくなり、返済シミュレーションをせずに安易に何度も借りてしまう人もいます。
そんな方は、返済期日を過ぎてしまうこともしばしばあるようです。
それでも、最終的に完済している人もいれば、今でもズルズルと何年前の返済分を滞納している人もいるかもしれません。
そのような場合、銀行で住宅ローンを組む時、この借りていた情報がとても大きく影響してくることがあります。
どうして銀行が他の業者である消費者金融の情報を知っているのかと疑問に思うかもしれませんが、日本では信用情報の機関があり、そこが各個人の借り入れの履歴や情報を管理しています。
銀行はその信用情報機関の情報を提供してもらい、審査することができるのです。
その人が現在、そして過去、どのような借り入れを行い、今はどのような状況にあるかをチェックし、それをローンに反映させています。
ですから、銀行と消費者金融は違う会社だからバレることは無いし、影響はないと思っていると、予想外に思わしくない返答が返ってくることもあるということを注意しなければなりません。


メニュー