発達障害をお持ちのお子さんの通信制高校の選択。

最近は発達障害の事も知られてきていて、支援学級への進学を決めるお子さんも増えてきました。
普通学級での授業のスピードについていけないとか、同級生とのトラブルが相次ぐ等で、そこで過ごすのが辛い状況のお子さんもきめ細やかなケアを受ける事が出来るので、そういう選択肢を取る方も増えてきています。
その一方で、地域によって異なる可能性もありますが、ずっと中学校まで支援学級で過ごす事で偏差値が付かず、全日制の進学が困難になるケースもあります。
特別支援学校に行けるお子さんでしたらそういう選択肢も良いかもしれませんが、もし療育手帳が取れず進学が難しいという事であれば、通信制高校を前向きに検討しましょう。
中には発達障害に理解があり、カウンセラーが常駐している事があります。
そういう事を掲げている所でしたら、普通の全日制高校と比べてもより細やかなケアを期待できます。
また、普通科のみならず調理科等専門性を身に着ける事が出来る学校もありますので、お子さんの得意不得意や本人の希望を加味した上で検討しましょう。
発達障害のお子さんを受け入れる通信制高校も複数あります。
ですので、複数の学校の資料を一括請求してよりお子さんにあった学校を選びましょう。
通信制高校やサポート校の楽々ズバット比較術・資料一括請求術


メニュー