夏は胃炎に注意

日差しの暑い夏は、冷たい物をつい飲みたくなります。
猛暑が続く中、水分補給はとても大切な事でもあり、しなくては命に関わります。
そういった点でも、水分補給をしなくてはならないのですが、同時に気を付けたいのが胃炎です。
胃に負担をかけてしまうと、胃炎だけでは収まらずに胃潰瘍やポリープといったものなどになってしまいます。
胃潰瘍は誰でも出来ては治ってと繰り返しますが、それが度が過ぎると胃に穴が開いてしまう事もあり、大変な事になってしまいます。
夏は特に納涼会と称してお酒を飲みたくなる季節でもあります。
確かに、冷たいビールジョッキを飲むと、美味しくさらに体も涼しく感じるので良いでしょう。
楽しいひと時でもありますが、それを何日も同じようにアルコールを摂取し続けては胃への負担は相当なものになってしまいます。
負担が大きくなれば、胃炎も怒り、そして胃が痛くなった時には十二指腸潰瘍になってしまうこともあるのです。
アルコールは消化が悪いだけでなく、肝臓へ一度送って分解しなければならないので、負担もかなり掛かります。
何事も適度というものが大切です。
夏は特にバテてしまいがちですから、消化の良いものを摂取し、身体に負担をかけないようにしましょう。


メニュー